浜学園公開学力テストでクラスが決定!点数に一喜一憂し反省する母

浜学園 公開テストブログ

子どもが浜学園に2月から入塾しました。

浜学園はプール制度があり、入塾を決めたら2月までは公開学力テストを無料で受けることができます。
わが子は入塾前の12月、1月と受け、入塾後2月、3月、4月と受けました。

公開学力テストの偏差値とクラスについて書こうか悩みましたが、子どもがいいよ!と言ってくれたので2科の合計偏差値を書いています。

 

 

おたふく
おたふく

まだ入塾していない子や他塾の子も、浜学園の公開学力テストを受けている子がたくさんいます。毎月受けに来ている子も多いので、入塾前に定期的に受けると良いですよ。

\資料請求や無料体験入塾はこちら/

スポンサーリンク

公開学力テスト 親の気持ちと反省点

 

12月、1月の公開学力テストの結果でクラスが決まる

 

はじめての公開学力テストのため、受ける子どもに

おたふく
おたふく

このテストはとても難しいテストやで。

と言ってしまいました。

親としては、難しいテストだからできなくても落ち込まなくていいよ!!の気持ちで言ったのですが、今から考えると余計な一言だったなと思います。(それを判断するのは子ども)

テストが終わってどうだった?と聞くと、「難しかった。」と言っていました。

 

12月 算国偏差値 54

1月 算国偏差値 63

1月の点数が良かったため、Sクラスになりました。

 

新小2 2月~4月の結果

 

2月浜学園に入塾後、初めての公開学力テストは、算数95点を取ることができましたが、100点の子が40人ほどいたので偏差値は1月より下がりました。

2月 算国偏差値 61

受講資格判定で、灘中合格特訓と最高レベル特訓に〇がつきます。

浜 受講資格判定

 

おたふく
おたふく

灘中どころか、最高レベル特訓もまだ早いと思っています。
九九をまだマスターしていませんから・・。

 

3月は、国語が最後まで解くことが出来ずに、偏差値50を下回ります。

3月 算国偏差値 54

 

そして4月はとても残念な結果になりました。

親子ともに公開学力テストに慣れてきたため、朝からドライブがてらマス釣りに行き、そのまま塾に向かってテストを受けたら、全く点数が取れませんでした。(はい、言い訳です。)

国語は偏差値40、算数と合わせても偏差値45でした。

 

ふくこ
ふくこ

テスト中、消しゴムを落としてん。

おたふく
おたふく

次からは、消しゴム2こ持っていき!

1月の時は、この子算数10位以内やし、もしかしてすごいんじゃ?なんて浮かれましたが、4月は国語777人中、600人台です。

低学年のテストは、人数も少ないので上位を狙いやすいですが、まったく知らない言葉がでると一気に解けなくなります。

おたふく
おたふく

私も公開テストの問題に挑戦していますが、難しいです。
4月の算数の最後の問題は、私も途中で考えることを放棄しました。
ちなみに全体正答率は1%でした。

 

3月に続いて、国語が時間内に最後まで解くことができず、学習方法を国語の先生に相談しました。

 

公開テストの結果から、気をつけること

 

低学年から点数にこだわったらダメだとよく言われていますが、何度かテストを受けてなんとなく意味がわかりました。

そもそも低学年から塾に入れたのは、
基礎を固めたい。
学習の仕方、ペース配分を塾に任せたい。
苦手分野をなくして高学年まで進ませたいという思いからでした。

それがテストで点数が出ることで、親が当初の目的を見失っていることに気が付きました。

 

私が気を付けること

親が一喜一憂しない。
小1や小2で、たまたま良い点数が取れても、小6までずっと良い点数が取れるわけではない。
逆に点数が低くても気にしない。
(復習はしっかりする。)

・日々の学習のチェックに公開学力テストは使う。
公開学力テストは、苦手な問題を見つけ、解決する手段。
低学年の場合は、難しい語彙が出た時などに、自宅学習の道しるべになります。

・子どもにネガティブな言葉をかけない。
国語の点数が悪い時に、「国語苦手やなぁ」と言ってしまい、ハッとしました。
言葉の刷り込みは怖い。
その後、めちゃくちゃフォローしました。

 

そして今まで読むことを避けていたのですが、「翼の翼」を読みました。

あまり共感できませんでしたが、面白かったです。
高学年になってもう一度読み返すような気がします。



タイトルとURLをコピーしました