【公文国語】小1が、3カ月で辞めた理由と後悔したこと

公文国語小学生の家庭学習

こんにちは。

小学1年生の子どもの母親です。

4月から公文に通わせていましたが、3か月で国語を辞めました。
(算数は継続、国語の代わりに英語を追加し、現在も通っています。)

本記事では、公文の国語を辞めた理由をお伝えします。

 

スポンサーリンク

公文国語 辞めた理由

 

【弊害?】字を丁寧に書かなくなった。

 

公文の宿題の時間を早く終わらせるため、丁寧に字を書くことをせず、雑にプリントをこなすようになりました。

小学1年生は、ひらがな、カタカナを学校で学習し、丁寧に書く癖をつける時期です。
何度言っても雑に書くので、公文のプリント学習を進めるよりも、丁寧に書く練習が必要だと感じました。

 

子どもがしんどそうだった。

 

学校の宿題に加えて、公文の算数と国語の宿題を毎日することがしんどそうでした。

算数は時間を計るのでまだよいですが、国語はダラダラとするようになります。

 

おたふく
おたふく

小学校に入ったタイミングで公文を始めたので、環境が変わった中で学習をすることに慣れず、疲れが出ていました。

 

先取りよりもレベルの高い問題を解く方が効果があるのでは?

 

公文の国語の教材を、今取り組んでいるものから、上の学年まで確認しました。

問題の内容が、文の中から答えを抜き出すものが多く、パターン化しているように感じます。

同じ時間、学習するなら、公文のプリントで先取りするよりも、学年相当の教材で様々な問題を解いたり、レベルが高い問題をするほうが良いのではないかと考えました。

 

親(私)が目を掛けなくなった。

 

私自身の問題ですが、公文の国語のプリントの場合、親がそばで見守らなくとも解ける内容なので、プリント学習時は、家事や自分のことを優先していました。

子どもが、ダラダラと取り組むことになった要因です。(反省しました。)

しかし市販のドリルの場合は、少し捻った問題が多いので、子どもわからない時にすぐ聞けるよう隣にいます。

 

時間、費用のバランスを考えた。

 

ひと月に7,150円公文に月謝を払う代わりに、市販の問題集に変更することで、年間約7万円~8万円ほど安くなります。

毎日公文の宿題を30分していたことを考えると、その時間を親が学ばせたい市販の問題集や本読みの時間に充てることができると考えました。

 

おはなしドリル

 

 

公文国語を辞めて後悔している点

 

わが子の、毎日の家庭学習の優先順位は以下の順番です。

① 学校の宿題
② 公文の宿題(算数、英語)
③ 市販のテキスト

必ず、しなければいけない学校の宿題と公文の宿題のあとに、国語の問題集や算数、パズルなどのテキストを用意しているのですが、公文の宿題が終わった時点で、やる気が出ないことがあり、毎日国語を学習するまでに至っていません。

公文の宿題ならば、必ずしなければいけないと子ども自身が思っているので、日々の学習に組み込めるので、その点を後悔しています。

やる気が出ない時は、寝る前に「おはなしドリル」を子どもに読んでもらったり、親子で本をまる読みしています。

 

パグオ
パグオ

まる読みとは?

おたふく
おたふく

交代で、一文ごと( 。まで)読むことだよ!!

 

公文国語の代わりに取り組んでいる問題集

 

☆おはなしドリル

音読のあと、問題を解くドリルです。
問題の解答は、文章の中に答えがあるので簡単です。

寝る前に読んでいます。(写真は、かがくのおはなしです。)

おはなしドリル

 

小学1年生向けや低学年向けなど、シリーズで出ています。

 

 

☆ハイレべ100

安くて、量も多く、問題の質が良いのでシリーズで購入しています。

 

ハイレべ

 

 

 

☆論理エンジン

 

 

その他、漢字ドリルを購入して学習しています。

 

Z会の通信教育 小学生コースも、質が高くおすすめです。


 

まとめ

 

わが子は3カ月で公文の国語を辞めましたが、家庭学習の習慣はつきました。

算数と英語は公文の宿題があるので、平日は音読や簡単なドリル、休日に読解力のワークなどを取り入れ、家庭学習に取り組んでいます。

公文の学習に比べると量は圧倒的に少ないですが、低学年のうちは、読書を中心に基礎を固めていきたいと考えています。

 

公文の英語は、良いと感じています。

【公文英語口コミ】メリット・デメリット、いつから始める?英会話より公文?
英会話だけでは、わが子の英語力アップに不安があり、基礎を固めるべく公文に通い始めました。数カ月で子どもの英語力が上がった様子や公文のメリット・デメリットやシステム、費用などを親目線でリアルに伝えます。

 

家庭学習への取り組みについての記事。

【実践中】低学年の家庭学習の必要性とやる気にさせた方法(+おすすめの教材)
小1の子どもの家庭学習について悩んだ親が、やる気を出させるためにとった方法や実際に使っている市販の教材、低学年で家庭学習をする効果を伝えます。基礎学習から中学受験に向けた発展問題まで入塾までに必要な学習を考え実践しています。

 

タイトルとURLをコピーしました