小学生の読解力を鍛える方法+おすすめの本&ドリル8選(低学年~中学受験生)

読解力小学生の家庭学習

筆者は現在小学1年生の母親です。

算数の文章題や、国語の長文読解の設問の意味を子どもが理解できないことがあり、読解力を鍛えるにはどうしたらいいか悩みました。

 

おたふく
おたふく

子どもの『読解力』を鍛えるにはどうしたらいいんだろう??

 

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」という本で、著者が、多読ではなく精読、深読にヒントがあるのかもと述べている点に共感し、また国語の先生の本や論文を読み、論理的思考を身につける訓練が良いのではと感じました。

小学生のうちに様々な方向から、子どもへアプローチすることで何かしら効果が出てくると感じ、親が教えるために必要なことを調べ、現在実践中です。

 

本記事では、テクニックや演習問題、口コミで良いと言われている本やドリルを実際に書店で確認、購入した中で、小学生の読解力を鍛える方法や参考になる本、ドリルなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

読解力とは

 

読解力を辞書で引くと、「文章を読んで、その内容を理解する能力」とあります。(コトバンク

 

「読む」 言語的意味の理解+伝達意図を読み取ること

・文章の言語的意味を理解すること
→ 言語的なルールの知識が必要。

・書き手が文章で伝えようとしている意図を解釈すること
→ 状況を知り、状況証拠的に推論し解釈する。

 

パグオ
パグオ

知識と思考が必要ですね。

 

日本の子どもの読解力は低下している

 

OECD(経済協力開発機構)が、2000年から学習到達度調査(PISA)を行っています。

15歳児を対象に、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野を3年ごとに調査しています。
前回調査は2018年、OECD加盟国37か国、非加盟42か国・地域の約60万人が参加しました。

 

結果、日本の読解力の平均得点は504点でした。
前回2015年の調査では516点ですので、低下していることがわかります。

 

おたふく
おたふく

全参加国内では15位です。ちなみに前回は8位でした。

 

読解力の調査結果の分析では、
① 情報を探し出す能力が低下
② 理解する能力は安定的に高い
③ 評価し、熟考する能力が低下

解答状況を分析したところ、自由記述式問題において、自分の考えを根拠を示して説明することが苦手。
誤答には、自分の考えを記述できず、問題文からの語句の引用のみで説明が不十分な解答となる傾向がみられます。

参考:国立教育政策研究所 OECD生徒の学習到達度調査(PISA)

 

読解力を鍛える方法

 

読書

 

読解力を鍛える方法としての読書は、文章の文字をただ目で追うだけでなく、イメージして読むことが大切です。

登場人物の気持ちを想像したり、自分の考えと違っているところでは、立ち止まって考え、たまには筆者にツッコミながら読むことで、内容を理解する力が身に付きます。

 

パグオ
パグオ

サラッと読むのはもったいない。

 

また読書は、自分が体験したことのないことを本を通して疑似体験できます。

海外の生活や、戦争、貧困、恋愛など、本を通して様々な人の考えを知り理解していくことは、試験で出てくる長文読解だけでなく、生活の中でも、人の気持ちを想像し理解できる人間への成長につながります。

 

精読が重要!!

 

読解力は、精読がポイントです。
好きな本を繰り返し読むことで、精読できている場合もありますが、意識しないと難しいです。

精読できているかチェック

・難しい言葉や概念の理解。
・主語、述語、指示語のチェック。
・原因、理由や、背景、心理を読み取る。
・別の表現で表されているものをチェック。
・著者の意見、事実の把握。

このような点を注意しながら、読み進めます。

 

 

ふくこ
ふくこ

この精読って長文読解のドリルの問題を解くときにやっていることだよね??

 

おたふく
おたふく

正解!!
本を読むだけではなく、長文読解のドリルを併用すると効果が高いね。
精読はほんの少し難しい問題に取り組むのが読解力UPのコツだよ。

 

東進オンライン学校 小学部の国語では、読解力を鍛える内容です。

精読する力と全体を俯瞰(ふかん)する力を養う授業が売りで、先生と一緒に長文を読むことで、長い文章の理解が深まります。

費用も他の通信教育よりもリーズナブルなので、気になる方はお試ししてください。


要約

 

要約とは、文章の要点をまとめることです。

読書をしたら、どんな内容だったかをまとめて話す。できれば、書くことがおすすめです。

低学年のうちは、本を読んだ後、親が子どもに質問するように心がけ要約する力を鍛えましょう。
中学年になると、書くトレーニングを取り入れるとより効果が出ます。

 

おたふく
おたふく

昔から天声人語を要約するトレーニングが有名ですね。
小学生新聞『天声こども語』の要約にも挑戦してみてください。

【小学生こそ新聞を読もう】語彙力アップから中学受験、子供の学習に役立ちます!
筆者は、1年生から小学生新聞を読んで育ちました。子どもにも小学1年生から新聞を与えています。新聞が学習面で、効果があるデータをもとに、子どもの年齢に合わせた小学生新聞を紹介しています。語彙力、読解力、中学受験にもおすすめです。

 

パグオ
パグオ

作文トレーニングも効果が高いよ。

AIでは代替できない!? 記述力や読解力
身につけるなら「ブンブンどりむ」で♪
無料体験キットプレゼント中!


 

読解力を鍛えるおすすめ本・ドリル

 

論理エンジン、論理国語

 

論理エンジン

 

親へ向けた説明がしっかりしているので、家庭学習に向いています。

この画像は、解答のページの説明です。
「にんじん」を「人じん」などのように、文中の表現と異なる場合は正解とはいえません。
ちょっとしたことですが、親が丸付けで悩む点をしっかりカバーしています。

論理エンジン、論理国語共に1年生から6年生まで出ています。

 

 

 

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集

 

ふくしま式国語

 

ふくしま式は、ベーシック版が小学1年生から3年生向け。
その後、小学生版1と2に取り組むのがおすすめです。

ベーシック版は、語彙力と基本の型を学ぶ内容です。

長文問題を解くスタイルではなく、「つまり、なに?」「たとえばどういうこと?」「ちがいを考えよう」というような、基礎を学び読解につなげるテキストです。

 

 

3年生以降は、読むに特化した「国語の読解問題」に強くなる問題集と、書くに特化した「書く力」が身につく問題集も取り入れるとより力がつきます。

 

ふくこ
ふくこ

「国語の読解問題」は、レベルが高いので気を付けてください。

 

 

(基礎)おはなし推理ドリルシリーズ(4年生~)

 

ナゾトキと文章読解がテーマのドリルです。
科学事件、都道府県事件、百人一首事件などテーマもよく、子どもが楽しんで取り組めます。

 

 

 

低学年には、おはなしドリルがおすすめです。
1人で本を読む、音読の練習にもぴったりです。

 

 

(基礎)学研毎日のドリル 文章読解 

 

文章問題が苦手な子どもに、短い文章からスモールステップで力をつけるドリルです。
アプリで賞状やメダルを獲得でき、学習を終えるとハムスターを育てることができます。

 

 

 

おたふく
おたふく

読解力を高める精読は、少し難しい文章を読むこともポイントの一つです。
謎解きドリルや、毎日のドリルを簡単にできるようなら、レベルアップもしくは、学年を上げて取り組んでください。

 

 

(応用)ハイレべ100 読解力(1~3年生)

 

ハイレべ100

 

1年生から3年生までは、ハイレべ100のドリルが安く、問題数が多いのでおすすめです。

 

 

 

(応用)Z会グレードアップ問題集 国語読解

 

Z会グレードアップ問題集は、1年生から6年生まであります。
教科書レベルだと、物足りない子にぴったりの内容です。

 

 

 

(応用)啓明館が紡ぐ 小学国語 読解の基礎

 

基礎、応用、完成と3冊あり、基礎は、3年生~5年生向けです。
問題が良質で、読解問題の解き方と解説がとても丁寧です。

中学受験を予定している子どもに、おすすめのテキストです。

 

 

 

語彙力を鍛える方法を記事にしています。

小学生の語彙力をアップさせる5つの方法+オススメ本7冊
わが子の語彙力を伸ばすために、何をすればいいか考え実践中です。論文を読み、国語で有名な先生の本や動画、中学受験の塾講師のアドバイスを見聞きし、低学年から高学年に向けて効果的な学習方法をまとめました。また語彙に関する本、マンガ、ドリル等を検証した中でおすすめの6冊を紹介しています。

 

(親向け)中学受験向け長文読解のテクニック

 

中学受験用の長文読解に使えるテクニックが書かれた本が多くでています。

その中でも、小学6年生、保護者、塾・学校の先生向けに書かれた「文章読解の鉄則」が、内容が濃いので購入しました。

国語で高得点を取るための技術が「読み方」45通り「解き方」59通り詳しく紹介されています。

 

説明文

 

おたふく
おたふく

論説文の読み方の鉄則の一例です。
子どもが長文読解の問題に取り組むときに、鉄則を伝え続けることによって理解が進むと考え、まず親が書き出し覚えている最中です。

 

 

接続詞

 

おたふく
おたふく

接続詞を記号化し、線を引く方法を徹底して教える予定です。

 

小学6年生の特に優秀な子どもは、自分で読んで落とし込むことができると思いますが、この本は親が読んで子どもと一緒に取り組むと効果が高いと感じます。

 

 

まとめ

 

読解力がないと国語はもちろん、算数の文章題や理科・社会を理解することも難しくなります。

私自身、小学生用の長文問題を読み、自分自身が感覚で解いていたことに気が付きました。
子どもへの教え方に不安を感じ、テクニック本や読解に関する本を読むと、「なるほど!これは学生の時に知りたかった。」と気付くことが多々ありました。

子どもと一緒に試している最中のため、今後良い効果が見られたときは、報告します。

親として、お互い試行錯誤しつつ子育てを楽しみましょう。

 

【進研ゼミ小学講座】のオプション講座「考える力・プラス講座」や、「考える力・プラス中学受験講座」は、進研ゼミ小学講座を受講せず単体で受講可能です。

通常講座より、レベルが高く応用力を鍛えることができる教材です。
小学1年生から理科・社会について学ぶことができるので、気になる方は一度資料請求してみてください。

 

Z会 小学生向け講座には、3年生から難関国私立中学合格をめざす、中学受験コースがあります。
「トータル指導プラン」と、「塾併用要点学習プラン」があり、思考力と記述力を鍛えるプログラムです。

質問や相談も3営業日以内に返信してくれるのも助かりますね。

タイトルとURLをコピーしました